社会福祉協議会の使命と経営概念

○社会福祉協議会の使命

 社会福祉協議会は、地域福祉を推進する中核的な団体として、「誰もが安心して生活できる福祉のまちづくりを推進する」ことを使命としています。

○社会福祉協議会の経営理念

1 住民参加・協働による社会福祉の実現

 社会福祉協議会は発足以来、「住民参加」を掲げてきました。福祉コミュニティづくりや福祉のまちづくりは、住民自身が参加し、その力でもって実現していくものです。また、地域の様々な組織や団体が協働した、市民参加型の福祉社会の実現を目指しています。

2 地域における利用者本位の福祉サービスの実現

 地域社会の一員として尊厳を持った生活が継続できる福祉サービスの実現を目指しています。また、自己決定を尊重し、利用者本位の生活支援や福祉サービスの実現を目指しています

3 地域に根ざした総合的な支援体制の実現

 地域の福祉サービスに対して、多様な福祉活動と保健、医療、教育等の生活関連分野の組織と連携し、地域に根ざした総合的な支援体制の整備の実現を目指しています。

4 地域の福祉ニーズに基づく先駆的な取組みへの挑戦

 日ごろの事業の展開を通じて、制度の谷間にある福祉活動に対し、地域全体として提起し、多様な事業展開に結びつけることが求められています。

コメントは受け付けていません。